(令和3年度補正予算「アジアグリーン成長プロジェクト推進事業」)「タイ王国マエモ地区の脱炭素化に向けた協力促進事業」に係る企画提案の公募について

2023.05.26

公募・入札

一般財団法人海外産業人材育成協会
理事長 桒山信也

 

一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)が日・アセアン経済産業協力委員会(AMEICC)より委任を受けてバンコク事務所に置いたAMEICC事務局にて、(令和3年度補正予算「アジアグリーン成長プロジェクト推進事業」)「タイ王国マエモ地区の脱炭素化に向けた協力促進事業」(以下、「本事業」という。)を実施するにあたり、次のとおり企画競争を公示いたします。

本事業の企画競争への参加を希望される方は、下記に基づき応募されますようご案内します。

 

 

1.件名

(令和3年度補正予算「アジアグリーン成長プロジェクト推進事業」)
「タイ王国マエモ地区の脱炭素化に向けた協力促進事業」

2.募集期間

2023年5月26日(金)~2023年6月8日(木)午後4時(日本時間)【必着】

3.本事業の趣旨・目的

昨今の世界的な脱炭素化の流れを受けて、ASEAN主要国は相次いで、国際社会からの資金・技術面での援助を条件としつつ、カーボンニュートラル(CN)を目指すことを表明している。しかし、2023年3月4日に開催されたアジア・ゼロエミッション共同体(AZEC)閣僚会合の共同声明において言及されたように、アジア地域においては経済成長によりエネルギー需要が急速に増加しており、経済成長と脱炭素化が両立する形のエネルギートランジションが求められている。更には各国の経済発展のステージや産業構造、社会的背景、地理的条件が異なるため、各国の実情を踏まえた多様で現実的なアプローチを実現するためにも、イノベーションを通じた多様なエネルギー源と技術の活用を推し進めることが重要である。

他方、新たな成長・投資機会である世界規模のグリーン化・脱炭素化は、日本政府としても重要な経済成長の柱と位置付けており、供給側・需要側双方に関わる脱炭素技術を開発・保有する日系企業は、近年積極的にASEAN地域における展開を進めている。特に水素・アンモニア、CCUS/カーボンリサイクルなどの技術は、火力発電、運輸部門、排出削減困難な産業部門等の脱炭素化に大きな役割を果たすことが期待されており、当該領域で強みを有する日本企業が東南アジア地域で技術導入を進めることは、日本の同地域に対する貢献の観点からも重要である。

そうした中、今般タイ王国エネルギー省より、タイ北部ランパーン県に位置するマエモ地区に所在するタイ王国発電公社(EGAT)の石炭火力発電所を中心とした地域の脱炭素化に係る計画策定への協力要請が経済産業省宛てになされている。マエモ石炭火力発電所は約2,500MWの発電量を有する国内有数の発電所であり、タイ政府が掲げる2050年CN、2065年ネットゼロの実現に向け同発電所の脱炭素化が同国の喫緊の課題となっている。一方、発電所に関わる雇用維持を通じた地域経済への貢献や電力の安定供給という観点から、EGATは太陽光・バイオマスといった再生可能エネルギーやCCSなどのクリーンテクノロジーの導入に加え、グリーン工業団地の開発を含む地域の再開発を伴うマエモグリーンエリア構想を提唱しており、現在タイ王国エネルギー省を含む関係者と構想実現に向けた協議を進めている。

本事業では、前述の多様かつ現実的なアプローチによる脱炭素化を求めるASEAN各国と、脱炭素技術の導入を通じた事業拡大・ASEAN地域への貢献を企図する日系企業との間の協力を効率的に促し、AZECに基づきASEANにおける脱炭素に向けた取り組みを加速化する観点から、ASEAN域内各国への展開を見据えた脱炭素に関わる象徴的事例を創出することを目的とし、①タイ王国マエモ地区の脱炭素プロジェクトの計画策定に向けたタイ政府に対する支援及び積極的な関与を通じた日系企業の巻き込み、②同脱炭素プロジェクトの類似事業のタイ国内の他地域やASEAN各国への展開可能性の探索を実施する。

4.業務内容

AOTSから委託を受けて、本事業の受託者は、(1)~(2)の業務を実施する。具体的な実施内容、実施方法については、提案によるものとし、AMEICC事務局及び経済産業省資源エネルギー庁長官官房国際課とよく相談をした上で実施すること。

(1)タイ王国マエモ地区の脱炭素プロジェクトの計画策定に向けたタイ政府に対する支援及び積極的な関与を通じた日系企業の巻き込み
(2)同脱炭素プロジェクトの類似事業のタイ国内の他地域やASEAN各国への展開可能性の探索

5.参加意思表明及び質疑

1)    参加意思表明

本企画競争へ参加を希望する場合は、5月31日(水)午後3時【必着】までに公募申請書をE-mail添付で送付して参加意思を表明すること。

2)    質疑

(1)    質疑受付期限: 2023年5月31日(水)午後3時【必着】
(2)    質疑受付方法: E-mailで受け付ける
(3)    質疑回答: 受け付けたすべての質問については、2023年6月2日(金)午後4時までに、公募への参加の意思表明をされた方にE-mailにて開示する。

6.応募書類提出先及び問い合わせ先

〒120-8534  東京都足立区千住東1-30-1 
一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)
経済連携推進部 AMEICC事務局支援グループ
担当:鮎合(あいごう)、上井(うえい)
E-mail:

7.公募要領及び申請書類

以下からダウンロードすること。

8.その他

詳細については、公募要領で確認すること。

 

以上