ソーシャルメディアポリシー

AOTSではフェイスブック、ツイッター等、ソーシャルメディアのAOTS公式アカウントにてAOTSが取り組んでいるさまざまな活動やイベントの最新情報を発信しています。

AOTSは以下のソーシャルメディアポリシーのもと、AOTS公式アカウントの運用を行います。当ソーシャルメディアのご利用をもってポリシーに同意いただいたものとみなしますので、ご了承ください。

本ソーシャルメディアポリシーは予告なしに変更される場合があります。
変更した場合は、本サイト上に提示し、お知らせいたします。

1.行動原則

AOTSは次に掲げる行動原則のもと、AOTS公式アカウントを運営いたします。

  1. 法令・協会規程を遵守します。
  2. 著作権、商標権、肖像権など第三者の権利を尊重します。
  3. 個人情報の取り扱いに関しては、協会の定める個人情報保護方針に従います。

2.免責事項

  1. AOTS公式アカウントへの「コメント」「リプライ」等を通じた個々のご意見・ご質問への対応は原則行いませんので予めご了承ください。AOTSや発信内容へのご意見・ご要望については、AOTSウェブサイトの「お問い合わせフォーム」でお寄せください。
  2. AOTS公式アカウントで発信するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、コンテンツの誤り、第三者による人為的改ざん等が発生する可能性を全て排除することを保証するものではなく、AOTSは、利用者がAOTS公式アカウントから発信された情報を利用することによって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。
  3. 利用者がAOTS公式アカウントに投稿する「コメント」や写真、動画等のコンテンツは、他者の著作権、商標権、特許権、またはその他法律によって保護されている他者の権利に抵触していないコンテンツを投稿することとします。
  4. 利用者はAOTSに対し投稿内容にかかる著作権等を行使しないものとします。AOTSは本人の承諾を得ることなく、投稿内容をAOTSの広報活動の目的で、印刷物・ウェブサイト等に掲載することがあります。
  5. AOTSは利用者がAOTS公式アカウントに投稿した「コメント」等について、データ集計に使用することがあります。
  6. AOTSは利用者がAOTS公式アカウントを利用、または利用できなかったことによって生じるいかなる損害(本ページの運営、またはウィルスその他システムに起因する場合を含みます)について責任を負うものではありません。
  7. AOTS公式アカウントは予告なしにサービスの内容・形式の変更、アカウントの停止・終了を行うことがあります。

3.削除事由

AOTSは下記に該当するコンテンツを投稿しないことを利用者各位に期待し、必要に応じて該当するコンテンツを削除・修正いたします。また、不適切な投稿の反復などが見られる場合は、各ソーシャルメディアの運営者に通報することがあります。

  1. 法令、公序良俗に反する投稿
  2. 特定の個人、団体を誹謗中傷し、善意の利用者を不測の法的・社会的関係に誘引し、または他人の正当な利益を害する投稿
  3. 政治的、宗教的、または商業的活動
  4. AOTS、または第三者へのなりすまし、その他 虚偽の内容を含む投稿
  5. 故意、過失を問わず利用者に損害を与えるおそれのあるファイルのアップロード
  6. その他、AOTS公式アカウントの運営にあたり、投稿内容の真偽を問わずAOTSが不適切と判断した情報、または投稿

4.AOTS公式アカウント

Facebook
AOTS和文公式ページ

目的:日本企業・個人向けに人材育成のための情報を発信する

発信内容:AOTSで実施する研修、各種イベントのご案内

お問い合わせ先:総務企画部 総務グループ

お問い合わせ

AOTS Global Interface Japan

目的:日本企業向けに新興国のビジネス情報、人材育成情報を提供する

発信内容:AOTS総研が実施するセミナー、各種イベントのご案内

お問い合わせ先:AOTS総研 海外展開サポートセンター

お問い合わせ

AOTS - HIDA

目的:研修生・帰国研修生・同窓会に対し最新情報提供を行い相互交流を促す

発信内容:研修センターでの出来事、行事、同窓会向け行事のご案内

お問い合わせ先:AOTS総研 グローバル戦略グループ

お問い合わせ

AOTSヤンゴン事務所公式ページ

目的:ミャンマー国内企業・個人向けに人材育成のための情報を発信する

発信内容:管理研修、海外研修等の募集ご案内

お問い合わせ先:AOTSヤンゴン事務所

お問い合わせ

Twitter
AOTS総合研究所(日本語版)

目的:日本企業向けに新興国のビジネス情報、人材育成情報を提供する

発信内容:GIJホームページに掲載した新規記事等

お問い合わせ先:AOTS総研 海外展開サポートセンター

お問い合わせ

GIJ.ARI(英語版)

目的:新興国のビジネス情報、人材育成情報を英語で提供する

発信内容:GIJホームページに掲載した新規記事等

お問い合わせ先:AOTS総研 グローバル戦略グループ

お問い合わせ