労働事情シンポジウム「~新型コロナウイルスがインドネシア、タイ、ベトナムの労働経済や働き方に与えた影響~」

 

労働事情シンポジウム

~新型コロナウイルスがインドネシア、タイ、ベトナムの労働経済や働き方に与えた影響~

 

2021年3月2日(火)13:00~17:00、労働事情シンポジウム「新型コロナウイルスがインドネシア、タイ、ベトナムの労働経済や働き方に与えた影響」をオンラインで開催しました。日本企業がグローバル化を進める中で、インドネシア、タイ、ベトナムは投資対象国としてますます重要な地位を占めるようになってきています。しかし、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大やそれにともなう渡航制限により、海外進出する日系企業は大きなダメージを受けました。コロナ禍の中でインドネシア、タイ、ベトナムの労働経済がどのような影響を受けているのか、この危機を乗り越えるために各国政府や企業がどのような対策を行いどのように働き方が変わってきているのか、労働紛争を未然に防止するにはどうしたら良いのか、現地の使用者団体であるインドネシア経営者連盟(APINDO)、タイ経営者連盟(ECOT)、ベトナム商工会議所(VCCI)から講師を招き、基調講演とパネルディスカッションを実施しました。

 

【第一部】    基調講演 13:00~15:00

インドネシア経営者連盟(APINDO)、タイ経営者連盟(ECOT)、ベトナム商工会議所(VCCI)の講師より、夫々の国で新型コロナウイルスが労働経済や働き方にどのような影響を与えたかご講演いただきました。ご講演の記録は、下の【英語】、【日本語】よりご覧いただけます。

  • ・インドネシア経営者連盟(APINDO) 事務局長  Danang Girindrawardana氏  
  •  【英語】 【日本語】 【原稿】
  • ・タイ経営者連盟(ECOT) アドバイザー  Ekachai Keesookpun氏  
  •  【英語】 【日本語】 【原稿】
  • ・ベトナム商工会議所(VCCI) 会員・研修部門 副事務局長  Hoang Van Anh氏  

 【英語】 【日本語】 【原稿】

※【原稿】は現在準備中です。

 

【第二部】    パネルディスカッション 15:00~17:00

参加者の方々から事前にいただいた質問にパネリストが答える形式でパネルディスカッションを実施しました。モデレーターに早稲田大学 政治経済学術院 教授 白木三秀氏、パネリストに基調講演者の3名をお迎えし、以下のトピックについて話し合いました。

  • 国外への出稼ぎ労働者や国外からの出稼ぎ労働者、高度人材の状況
  • 若者や女性等、社会的弱者への雇用面での影響や対応策
  • 雇用を守るための取り組み
  • 在宅勤務とその課題
  • 従業員教育やリスキリング
  • 労使関係の変化
     

※当日の詳細な記録は現在準備中です。

 

 

 

【講師紹介】

モデレーター

白木 三秀 氏

早稲田大学 政治経済学術院 教授

早稲田大学で経済学博士号取得。現在、早稲田大学 政治経済学術院 教授(労働政策・HRM)、トランスナショナルHRM研究所 所長。2015年8月から国際ビジネス研究学会の会長を務めている。

主要著書:
『英語de人事: 日英対訳による実践的人事』 (共著、文眞堂、2020年)
『人的資源管理の力』 (編著、文眞堂、2018年)
『グローバル・マネジャーの育成と評価』 (編著、早稲田大学出版部、2014年)
『チェンジング・チャイナの人的資源管理』 (編著、白桃書房、2011年)
『国際人的資源管理の比較分析』 (単著、有斐閣、2006年)

 


基調講演者・パネリスト

Danang Girindrawardana氏
インドネシア経営者連盟(APINDO) 事務局長

ガジャマダ大学 社会・政治学部を卒業し、STIA LAN Jakarta大学で公共経営学の修士号を取得した。2011年から2016年はインドネシア共和国オンブズマン(ORI) 会長、2016年から2017年はインドネシアパーム油協会(GAPKI) 事務局長を務めた。2017年よりインドネシア経営者連盟(APINDO) 事務局長。主な専門分野は、行政改革、公共政策、投資環境整備等。

 


基調講演者・パネリスト

Ekachai Keesookpun氏
タイ経営者連盟(ECOT) アドバイザー、准教授

米国の大学を卒業した。教育マネジメント、リーダーシップの博士号を持つ。人的資源管理、人材育成、教育マネジメントの専門家、トレーナーである。1987年から1992年にはバンコク・メトロポリタン銀行にて、1992年から1999年にはNonthavej病院にて、1999年から2013年にはKrung Siam St. Carlos病院にて、人的資源管理・人材育成のコンサルタントを務めた。2014年からはタイ経営者連盟(ECOT) アドバイザーとして活躍している。その他にも、タイ教育省 基礎教育局(OBEC) 会長、タイ教員評議会(TCT) 職業基準委員会 会長、全国教育水準・質評価局(ONESQA) 役員を務めた経験を持つ。

 


基調講演者・パネリスト

Hoang Van Anh氏
ベトナム商工会議所(VCCI) 会員・研修部門 副事務局長

1997年、ベトナム商工会議所(VCCI)に入職し、人事部門に配属された。2000年から会員・研修部門に異動となり、現在、同部門の副事務局長を務める。主に、会員企業の開拓・管理、貿易・投資促進プロジェクトや企業向け研修の実施、ビジネス視察団の企画、ビジネスマッチングや投資のコンサル、国内外の団体との協力促進等を担当している。