技術研修(国庫補助事業)

技術研修とは

AOTSの技術研修は、主に開発途上国をはじめとする海外の企業等(日本の民間企業の全額出資先企業や合弁先企業、生産委託先や販売代理店等)の技術者を研修生として日本に受け入れて研修を行うものです。

技術研修は、来日直後にAOTS研修センターで日本語や日本の文化・社会等について研修を行う「一般研修」と、一般研修後に企業で日本の優れたものづくり・省エネ技術やサービス技術等の研修を行う「実地研修」により構成されます。

日本の優れた技術やノウハウを実際に目にすることで、参加者自身の“気付き”による意識改革が促されます。また、日本の文化や日本人の考え方に対する理解を得られるため、現地企業の中核人材の育成に適しています。

  • 第1段階:なじむ、学ぶ = 一般研修で、日本語、日本人の考え方、文化、社会等を学ぶ。
  • 第2段階:技術を学ぶ = 実地研修で、日本の受入企業が移転すべき固有技術を学ぶ。
  • 第3段階:活かす = 帰国後、派遣企業の現場で、学んだ固有技術を活かす。
  • 第4段階:伝える = 帰国後、学んだ固有技術を同僚・部下に伝える。
  • 第5段階:変える = 帰国後、日本人と協力して、組織をより効率的に変える。

制度利用のメリット

AOTSによる来日直後の一般研修(導入研修)

日本での生活全般や実地研修(企業での研修)を進める上で必要な日本語や生活上の知識の習得、また帰国後に現地と日本の橋渡し役を果たすために重要な日本社会の理解を目的に、AOTS研修センター(東京・大阪)で合宿形式の集合研修を実施します。世界各国から来日した様々な企業の研修生が同じクラスで研修を受けます。13週間、6週間(日本語研修あり)または9日間(日本語研修なし)からお選びいただけます。

 J-CATの受験について(A9Dコース希望者のみ)

研修に要する経費の一部(補助対象経費)に国庫補助金が適用

研修生が日本に滞在するために必要な宿泊費、食費、雑費、また企業での研修に必要な経費の最大2/3に国庫補助金が適用されます。国庫補助率はお申込企業の規模や案件により異なります。詳しくはお問い合わせください。

AOTS研修センターで健康・安全・安心な環境を提供

AOTSでの一般研修中はもちろんのこと、企業での実地研修中もAOTS研修センターにご宿泊いただけます。
浴室、トイレを備えた宿泊用個室、ベジタリアンやハラールフードなどに対応した食堂、研修用教室、体育館やテニスコート、カラオケルームなどのリクリエーション施設(一部ない場合もございます)、24時間対応受付など、研修に最適な環境を提供いたします。

在留資格「研修」での企業内実務研修が可能

企業が単独で研修査証を申請、取得する場合、実務研修(OJT)を行うことができませんが、AOTSの技術研修では、研修時間全体の2/3までは実務研修を行うことができます。

査証申請におけるAOTSによる身元保証

査証申請に際してはAOTSが身元保証書を発行します。この身元保証書により、お近くの在外公館にて短期間で研修査証を取得することができます。企業が単独で研修査証を申請する場合に必要な在留資格認証明書の提出は不要となります。

研修生受入計画から実地研修までAOTSがトータルにサポート

お申込から研修計画立案、来日、帰国まで、AOTS職員がきめ細かにサポートいたします。
 

お申込みの流れ

ご利用企業・研修生の声

IT産業A社

日本での研修を通じて培った日本人・日本語・日本文化への理解は、帰国後も仕事を通じて役立つものと思われます。本人は初めての日本での研修でしたが、我々の期持に応えることができる技術力と日本語会話力を習得してくれたと思います。

自動車産業B社

AOTSの研修で日本の文化や考え方・姿勢についてしっかりと理解してくれており、問題なく実地研修に入ることができました。実地研修でも大変熱心に毎日取り組み、細かなことも自身が納得し理解できるまで、質問してくれました。日本での研修で得た経験を活かし、ベトナムの発展に貢献してくれると信じています。

研修生(インド)

研修を指導してくださる日本人社員の皆様は、技術について理論的な観点と実践的な視点から分かりやすく教えてくださいました。日本の企業で研修させていただいて、技術の勉強をする以前に、時間を守ること、掃除すること、仕事の前準備をすること、仕事の締切りを守ること、などの大切さも学びました。

このような研修をさせていただいて本当に満足しています。インドへ帰ってから、日本で教えていただいたことを、後輩にしっかり伝えたいと思います。

事業の種類

低炭素技術を輸出するための人材育成支援事業

日本の省エネ技術の海外展開を担える現地人材を育成することで、新興国等の産業分野におけるエネルギー利用の効率化を図り、温室効果ガスの排出削減に貢献することを目的とする事業です。

    • 技術協力活用型・新興国市場開拓事業(ODA)

日本企業の海外展開に必要となる現地拠点強化を支援するため、技術移転や現地人材の育成により、現地の産業技術水準の向上や経済の発展を図ることを目的とする事業です。

AOTS制度説明会

原則として毎月2回東銀座事務所にて AOTSが実施する様々な人材育成支援制度についての説明会を開催しております。 全体説明の後、個別相談もお受けいたしますので、制度のご利用をご検討される場合はぜひご参加ください。

なお、AOTS制度説明会への参加を希望される方は、事前に下記お問合せ先までご連絡ください。

また、東銀座事務所にお越しいただくことが難しい場合はAOTS関西研修センターにて個別にご説明することも可能ですので、ご相談ください。

お問い合わせ

研修・派遣業務部 研修業務グループ

電話:03-3549-3051 FAX:03-3549-3055

お問い合わせフォーム