AOTSのアフリカ人材育成強化への取り組み

AOTSは日本企業の個別の要望に応え、日系企業のアフリカ展開を直接支援する案件募集型と、現地ローカル企業および産業団体等からの要請に応えて日本企業の活動基盤となる現地ローカル産業・人材を育成する協会企画型を組み合わせて、アフリカでの相互の経済発展に寄与してきました。第8回アフリカ開発会議(TICAD8)の開催を契機として、「アフリカプロジェクトチーム」を設置し、アフリカでの人材育成の取組を強化します。

AOTSのアフリカ支援実績 <直近10年(2012~2021)>

訪日研修、海外研修、寄付講座の参加人数

アフリカの産業人材2000人への支援を目指す

AOTSのアフリカ人材育成強化への取り組み

現状、アフリカに進出している日系企業数には限りがあることから、これまでの製造分野を中心とした支援に加えて、アフリカの社会問題解決に適したサービス産業等に対する支援も行うとともに、第三国型研修及びアフリカの大学等への寄附講座の設置を推進します。さらに、アフリカの実情に合わせた柔軟な制度運用を行うとともに、限られた資源の有効活用の観点からもJICA、UNIDO等の関係機関及び企業等とより一層連携することにより、オールジャパンでの協力を行うことで、日本のプレゼンス向上に寄与する等、アフリカでの産業人材育成を抜本的に強化していく所存です。